良性の腫瘍ですが注意を|高齢化で発症する脳梗塞とそれによって引き起こされる症状

高齢化で発症する脳梗塞とそれによって引き起こされる症状

相談

良性の腫瘍ですが注意を

男性

症状があればまず受診

聴神経腫瘍は耳の奥で、平衡感覚に関係する神経の細胞に発生し徐々に大きくなる良性の腫瘍です。良性の腫瘍とは言え大きくなると周りに重要な神経や脳を圧迫する恐れがあるので注意が必要です。ほとんどの聴神経腫瘍は左右どちらかの片耳に発症します。症状としてあげられるのは耳鳴りや耳が聞こえにくくなるなどです。このような症状が続いた場合は耳鼻科で検査を受けて下さい。検査としては場合によっては、MRI検査が必要になります。めまいや顔のしびれ、物が二重に見える、まっすぐに歩けないなどの症状が出る場合はもうすでに腫瘍がかなり大きくなっています。まれに「水頭症」などの脳の病気を併発することもあります。良性の腫瘍とは言え、脳に近い場所に発生するため、早めの治療が大切になります。

治療方法は様々あります

聴神経腫瘍の治療方法としては、腫瘍が小さい場合はMRIなどを撮りその経過を観察します。腫瘍の変化を追い、さらに大きくなるようなら放射線治療を行います。3センチ稲飯の腫瘍なら放射線治療が可能です。放射線治療は治療期間も短く体にも負担が少ない方法です。ただし残念ながら、腫瘍が小さくなったり消えるということはありません。腫瘍の成長を押さえ込む効果のみとなります。腫瘍が3センチを超えると放射線治療を行うことができません。また、腫瘍の形態によっても放射線治療ができない場合もあります。その場合は手術による治療が検討されます。手術のよい点は腫瘍を確実に取り除くことができることです。聴神経腫瘍の特徴として脳に近い場所であるゆえに、日常生活に支障があることも多く、速やかに耳鼻科を受診し治療を開始することが必要不可欠です。