代表的な骨の悪性腫瘍|高齢化で発症する脳梗塞とそれによって引き起こされる症状

高齢化で発症する脳梗塞とそれによって引き起こされる症状

相談

代表的な骨の悪性腫瘍

女性

初期症状はこういうもの

骨肉腫は初期の頃に患部にかすかな痛みが感じられるようになります。この痛みは運動をした後や運動中に感じるもので、ほとんど筋肉痛と変わらない痛みであるため、気づきにくいです。しかし骨肉腫が大きくなればなるほど周辺の骨が破壊されるため、患部には腫れや熱が出てくるようになります。初期症状はほとんどわからない上にこの段階でもしレントゲンを撮る機会があったとしても骨肉腫がそこに写ることがないため、腫瘍が小さい段階で治療を開始できることがあまりありません。筋肉痛のような痛みがあまりにも長く続くようであれば念のために医療機関で検査を受けてみたほうが良いでしょう。CTやMRI、顕微鏡検査なども行なってようやくそうであるかということがわかります。

話題の免疫細胞療法で治療

骨肉腫には放射線療法、外科療法、化学療法などがありますが、臓器に転移が見られたり、両手足の切断をしたくないという方には最近話題の免疫細胞療法が行なわれることがあります。NK細胞療法といい、これが骨肉腫の治療でも成果が上がっているのです。NK細胞はガンはもちろん、体内にある様々な異物を撃退するという性質があり、それを利用して治療をします。外科手術や抗がん剤と併用して行なわれることが多く、完治できる可能性も非常に高くなっています。健康な別の部分の骨の移植をすることも可能なので、骨肉腫になってしまったからと諦めることはありません。前向きに治療にのぞんでいくことが大事です。医師といろんな治療の選択肢の中から自分にあったものを見つけましょう。